2017年08月04日

ウイニングポスト8 2017 4周目 三冠馬の系譜配合日記1

ドラゴンクエストゥイニングポスト811はゆっくりじっくり進めることにしましてw、ウイポ4周目も並行して、ゆっくりじっくり進めることにいたしましたw

ということで、ウイポ8 2017の4周目第1回目となります。

これまで2017については、1周目はCS版の難易度UltimateでWサヨナラとST昇華を駆使したサブパラ重視の永続的な箱庭、2周目はPC版の難易度Easyで爆発力113の〆配合、3周目はCS版の難易度EasyでSP昇華の永続的な箱庭をそれぞれ構築してきました。

いずれも実用面であったり、爆発力であったり、ウイポの配合理論や強い馬を生産しやすいという点を重視した配合でした。

今回はそれとは趣を変えて、血統面にこだわってプレイする回にしたいと考えています。

その血統面の中心には、そろそろ引退間近かと噂されるウイポの象徴的なスーパーホース、サードステージを据えたいと考えたのがきっかけでした。

そこから様々試行錯誤をして、私のHN「ドステ」の元でもあるそのサードステージを活かした、皇帝・帝王の系譜を受け継いでいく配合を考えてみました。

まずはサードステージを〆父とした配合を組んでいきます。

以下の画像が完成予定図です。

2017 4周目 サードステージ〆父配合.PNG


今回の血統構成で最も力を入れたのが、「三冠馬」というキーワード。

無敗の三冠馬である「皇帝」シンボリルドルフを祖父に持ち、無敗の二冠馬「帝王」トウカイテイオーが父であるサードステージは、自身もゲーム内で三冠馬となることが濃厚な能力設定となっています。

まさに皇帝・帝王の系譜となる馬で、さらにサードステージからはウインドバレー⇒ラストステージ⇒ウイニングポストと特殊な馬名命名イベントが連なっています。

これこそが三冠馬の系譜イベント!

・・・ではないかという脳内設定の元、今回のプレイをしていきますw

そんな妄想のもと、ウインドバレーからウイニングポストまで三冠馬を輩出し続けることは、例えば難易度Easyであれば、距離適性など注意することがいくつかあってもちろん簡単ではないものの、それほど難しい挑戦でもありません。

そこで、血統面にスパイスを加え、完全なプレイヤーオリジナルとなる母側の血統にこだわってみるのが今回のプレイです。

上記画像では、〆母側に日本で三冠を達成した種牡馬を配置。

「鉈の切れ味」シンザン、「大地が弾んで」ミスターシービー、「日本近代競馬の結晶」ディープインパクト、まずはこの3頭を組みこみました。

残る「初代三冠馬」セントライト、「シャドーロールの怪物」ナリタブライアン、「金色の暴君」オルフェーヴルですが、後者2頭は後々登場します。

セントライトについては、ゲーム開始時点で残念ながら直系の種牡馬が絶えているので、血統内にその名を含んでいるリニアクインをファミリーラインの祖とすることで代用しました。

最終的にゲーム内の血統表に表示されるわけではありませんが、これで最後の〆配合までに日本国内の三冠馬全てを網羅したプレイになります。

ちなみに、リニアクインから続く牝系は全て名前の頭文字を「Li」で統一するという、欧州の牝系に良く見られるスタイルを取り入れてあります。

この後の母側血統も同様に、頭文字を祖となる牝馬(母母母母)と統一してあります。

さて、上記配合から産まれたウインドバレーは、ラストステージ生産のために次の画像の配合を行うことになります。

2017 4周目 ウインドバレー〆父配合.PNG


今度は、欧州三冠馬の血を取り入れます。

欧州三冠馬は、歴史上2頭しかいませんし、その2頭とも幸いゲーム内で使用可能ということで、しっかり組みこめました。

また、英牝馬三冠を達成したオーソーシャープが使えますので、こちらを「至高の名馬」ミルリーフと合わせていきます。

産まれた牝馬と「神の馬」ラムタラを配合し、ウインドバレーとの配合に繋げます。

牝系については、ミルリーフがその馬体から放っていたと言われる神々しいオーラや、ラムタラの「神の馬」という異名から、神性を意識した馬名となっています。

これで、日欧の三冠馬の系譜がサードステージ系に継がれることになります。

そして、ラストステージが父となる配合が次の画像です。

2017 4周目 ラストステージ〆父配合.PNG


日欧三冠馬と来れば、今度はやはり米国三冠馬の血を取り入れます。

米国三冠馬は比較的多いので、ゲーム内で使用できる馬を徹底的に駆使することにしました。

まず、トリプルティアラに輝いているマムズコマンドを所有し、そこに「2代目ビッグレッド」セクレタリアトを配合。

産まれた牝馬を牝系の祖とします。

この牝馬からさらに「ど根性」アファームド、「アメリカンドリーム」シアトルスルー、「アメリカングランドスラム」アメリカンファラオと三冠馬を配合していきます。

牝系の馬名は、まずセクレタリアトが出身牧場・メドウステープルの事務を担ったエリザベスハムに感謝の意を捧げるという経緯で付けられたことから、そのままエリザベスハム(見切れていますが上記画像で母母母母に当たります)。

次にアファームドが「断言する、はっきり主張する」という意味の単語である点から連想し、「雄弁な」という意味のエロクエント+レディ(淑女)を用いています。

続いて、シアトルスルーが地名が由来であることと、シアトルは原住していた著名なインディアンの酋長に敬意を払って付けられた地名であることから、エミネント(著名な)シアトル。

最後に、ファラオとシアトルの連想から、「開拓」と「搾取」、一見意味が異なるが、良く考えると成るほどと感じる単語・エクスプロイトを使うことにしました。

もちろん、全て同じ「E」から始まる単語を用いています。

ここまで構築して、日米欧、三地域の三冠馬の血を網羅。

最後に再び日本の三冠馬の血を取り入れていきます。

2017 4周目 ウイニングポスト〆父配合.PNG


残っていた日本の三冠馬、ナリタブライアンとオルフェーヴルを起用。

さらに牝馬三冠馬であるメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナも組みこんでいきます。

これで日本の三冠馬に関しては、牡牝ともに完全網羅。

牝系の馬名は、メジロラモーヌのMeを継承し、メルシーメルシーは「感謝感謝」、メモリアルタイムは「思い出の時間」、メディテーションは「瞑想」となっています。

メルシーメルシーは、メジロリベーラにしようかとも思いましたが、普通に弾かれるので却下w

皇帝の血に感謝ということでメルシーメルシーにしました。

メモリアルタイムについては、まずその父がナリタブライアン×スティルインラブからの連想で「リメンバブライアン」。

現役時代の強烈な走りから、ブライアンを未だに愛する人も多いことから考えました。

その大切な思い出の時間ということで、メモリアルタイム。

さらにメディテーションは、父父が「カルラ」なのですが、これはインド神話に登場する赤い羽根と金色の体を持つ神鳥のことで、オルフェーヴル(金色)×アパパネ(アカハワイミツスイ=赤い鳥)から連想。

カルラとジェンティルドンナ(貴婦人)から、インド神話三柱神の一で創造神・ブラフマーの持つあらゆる物を貫く武器「ブラフマーストラ」となりましたw

ちなみに、カルラにはブラフマーと同じインド神話三柱神であるヴィシュヌが乗るのですが、このヴィシュヌの化身として人間界に降臨するのがラーマと呼ばれる神話上の人物で、ラーマがブラフマーストラを使うということで、こうなりましたw

貴婦人からは色々凄い人とか物が生まれ出てきそうだから(適当)。

で、インド神話と思い出の時間との連想で、メディテーション(瞑想)となりました。

ちなみにちなみに、瞑想とそれに関連した様々な手法は、今や世界中で流行っているようですね。

ふうw

こうして、日米欧の三冠馬たちの名血をこれでもかとばかり注ぎ込んできた三冠馬の系譜が完成します。

最後のウイニングポスト×メディテーションは、雷嵐配合の完成版(爆発力10)をできれば目指したいと思っています。

なお、血統構築の難易度としては、系統確立などはそれほどではないと考えていますが、産み分けのお守りを使うタイミングなどがかなりシビアであり、綿密な計画を立てる必要があります。

また、海外幼駒を一度に複数購入する必要があるため、チケットの事前入手が必須となります。

4周目は上記の配合をゆっくりじっくり進めていきます。

それではまた次回!

2017年07月24日

ウイニングポスト8 2017 2周目 爆発力113配合日記14

今回は完成した爆発力113の〆配合を実施しつつ、SPなどを検証した結果報告記事となります。

ただ、生産総数が5頭と非常に少ないので、いつものような比較的詳しい検証というより、誕生してきた馬たちについて簡単な報告をしておきたいと思います。

まず、SPについては、ツールを使って調べたところ、5頭の内訳は、84、83、81、73、53とまずまずの結果でした。

たまたまでしょうが、SP80以上の産駒の誕生確率は、60%と大変高率になっています。

恐らくは生産数を多くすればするほど、SP80以上が出る確率は15%前後に近づくのではないかと思われます(以前の検証結果)。

常時爆発力100以上で何十頭も生産できる配合を組めれば、今回より詳細な検証が可能でしょうが、これは将来的な課題としたいと思います。

一方、サブパラについては、たまたま因子活性もほとんど無い中、案の定というか、中々厳しい結果でした。

5頭中3頭がサブパラ合計9以下というほぼ壊滅的な状況。

各種持病持ちもその同じ3頭でした。

しかし、残り2頭はサブパラ合計が13、15と中々の水準かつ持病無しだったりしたので、危険度がMaxであっても、可能性が無くはないということを示唆していました(もちろん効率は悪いですが・・・)。

そのサブパラ合計が良かった馬の中で、こちらの馬を急遽7月のポットはん氏主催大会に参加させることにしました。

マツイカズヨ 牝6歳 因子有.PNG


精神と根性が不安定なせいで、箱庭での戦績的には見栄えがしないですが、賑やかしで参加させますw

なお、過去の私の対戦級馬たちとのカスタム対戦での結果も芳しくありませんので、完全な出落ち枠ですw

この他、7月大会には3周目で金プレ馬となった4頭を参加させる予定ですので、何とか善戦してせめて1勝くらいはしてほしいところです。

ということで、個人的にはかなり苦労した2周目でしたが、これで完結ということになります。

今後は、ドラゴンクエスト11をやりたいので(直球)、更新頻度が減るかもしれません。

4周目は既にアイディアは完成していて、完成予定図もありますので、あとは細かいプレイの要所をチェックして、タイミング(ドラクエのプレイ状況によって)を図って更新していきます。

今作でもしかしたらサードステージが見納めかもしれないということで、私のHN、ドステの由来ともなっているこのSHを組みこんだ配合を予定しています。

サードステージを使うならしっかり力を入れて、渾身の血統を築き上げたいと思っています。

それではまた4周目で!

2017年07月13日

ウイニングポスト8 2017 2周目 爆発力113配合日記13

ついに2周目を完走することができました。

まずは、2026年以降の経緯を書いていきます。

2028年に米国にて〆父父父系傍流のバクヒャクウイナーが子系統確立。

20172周目 2028ブラッド系系統確立.PNG


これによって、ついに〆父父父系が親系統昇格を果たします。

20172周目 2028ブラッド系親系統昇格.PNG


翌2029年には〆母父(バクヒャクスキー)系が確立。

20172周目 2029〆母父系統確立.PNG


この時点で、系統確立は終了です。

あとは〆母の生産、フォースニックスの成立、そして欧州における流行系統のコントロールのみ。

2029年に、前回日記で言及した〆母母が繁殖入り。

20172周目 2029〆母母.PNG
20172周目 2029〆母母勝倉.PNG
20172周目 2029〆母母能力.PNG


全ての条件をクリアしています(キャプチャし忘れていたため、画像では大分年を取っていますが、5歳引退⇒6歳繁殖入りで下記のようにすぐさま〆母父を種付けしています)。

そして、繁殖入りして早速、〆母父を種付けし、翌2030年初頭にお守りで産み分けを実施。

結果、シュンライが見事に誕生しました(画像撮り忘れ・・・w)。

その後、シュンライイベントをすっ飛ばしつつ、無事にデビューを果たすと、3歳時に仏国牝馬三冠に挑戦。

金札馬を悉く左遷していた甲斐もあって、辛勝ながらも見事に戴冠。

さらに、名馬100選に載るべく、勝ちやすそうなGTを選択しつつ、4歳で引退させました。

〆母が繁殖入りするこのタイミングで、〆父23歳、〆母5歳という状況になります。

〆父が全く鳴かず飛ばずで種付け料をしっかり下げてくれていたのは良かったのですが、一方、100選のランキングもダダ下がり。

実際、2030年以降、いつ圏外になってもおかしくない状態で、正直非常にヤキモキしたのですが、〆母繁殖入りの2035年時点で、97位と圏内をキープできました。

20172周目 2035名馬100選で〆父ギリギリw.PNG


もうちょい活躍させても良かったのかなw

でもそれだと種付け料が心配だしなぁ・・・。

まぁ今回は結果オーライです。

そして、〆母も全ての条件をクリアできていましたので、〆父、〆母をついに用意することができました。

20172周目 2034〆母血統.PNG
20172周目 2034〆母勝倉.PNG
20172周目 2034〆母能力.PNG


まさに僥倖にして望外の結果です(藤井四段)。

さらに、もう一つの懸案事項、〆父父と〆母母父のニックスも、2033年に成立しています。

20172周目 2033フォースニックス成立!.PNG


さらには、欧州での流行系統のコントロールも毎年綿密に調整し、ダンジグ系、ガリレオ系は支配率10%以上での流行状態を保ったまま、ドバイミレニアム系、〆母母父系は種牡馬の総数(欧州ですと、大体直系種牡馬13頭以上で流行になります)で流行系統にし、〆母父系は確立後も勢力拡大に努めて流行系統とすることができました。

よって、ついに、ついに、2周目〆配合が完成です!!!!!

世界のウイポマンよ、見てくれ、これがドステン配合の結晶だ!w

20172周目 20342周目〆配合完成!血統表.PNG
20172周目 20342周目〆配合完成!血統表因子オフ.PNG
20172周目 20342周目〆配合完成!血統表因子オフ子系統表示.PNG
20172周目 20342周目〆配合完成!血統表因子オフ親系統表示.PNG
20172周目 20342周目〆配合完成!配合評価.PNG


上から順に、因子有の血統表、因子無しの血統表、子系統表示、親系統表示、配合評価画面となっております。

配合評価をさらに拡大しますと、こうなります。

20172周目 20342周目〆配合完成!配合評価拡大.PNG


爆発力表示は、ちゃんと100を超えております!

20172周目 20342周目〆配合完成!爆発力100ちゃんと表示される.PNG


なお、やはり牝系を維持することが出来ず、フリゼット系ではなくなってしまったため、爆発力は最終的に113となりました。

ちなみに、以前の日記で懸念していた〆母のラインが問題となったというより、そもそもそれよりも遥かに前の、〆母母母母母辺りからの分岐で主流牝系の条件をクリアしてしまっていて、それは案の定、売却してCOM馬となった牝馬から重賞馬が多数出現しての確立でした。

つまり、今回の場合、どのようにプレイしていても、フリゼット系から分岐してしまっていたということになります。

このようになるのであれば、むしろ開き直ってMy牝系にして、オリジナル名牝系を目指してしまった方が目的がはっきりして良かったのかもしれません(名牝系にするのには時間が足りなかったかもしれませんが)。

さて、今回の〆配合、当初の予定よりも爆発力が7も下がってしまったのは残念無念ではありますが、とはいえかなり苦労した周回でしたので、今となっては大変に満足、達成感の極みを感じています。

配合評価の画面画像を良く見てもらえば分かりますが、配合理論が入り切っておらず、3冠配合や真・稲妻配合などは表示されておりません。

さらに、インブリード(奇跡の血量)も、前作までと同様、爆発力表示の限界に達して14までしか表示されておりません。

しかし、合計の部分ではしっかりと合算して表示されています。

ちゃんと100以上も表示されたことに、ヘンな安心感がありますw

インブリードについては、せっかく今作から奇跡の血量が追加されたので、盛り込んでみたのですが、これが最初の失敗の始まりでした。

奇跡の血量にこだわらず、4×4に留めておけば、恐らくラインブリードの失敗は避けられた可能性が高いです。

また、今回の〆配合は〆父と〆母が1頭ずつであり、かつ雷嵐配合が3年間しか行えないという配合理論自体の特別なルールがあるため、強い馬の生産ということで言えばほとんど意味を為し得ません。

サヨナラ配合でもあるため、雷嵐配合を抜きにして爆発力100以上の配合を続けるとしても、最大で5年間分しか(つまり5頭)生産できません。

今回の配合は、爆発力100以上の表示を求めて行ったものであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

これから一応、検証を行いますが、サンプル数が少なすぎて恐らく参考になるような情報を得ることはできないでしょう。

しかしながら、爆発力を追い求めるプレイというのも、ウイポの醍醐味の一つであると思います(藤井四(ry)。

ただ、それだけだと寂しいので、生まれてきた産駒をポットはん氏の大会に参加させようと思いますw

7月の大会は3周目のストックを参加させる予定なので、来月8月に開かれるのであれば、その機会に参加させようと考えています。

多分、サブパラ壊滅のほとんど戦いにならない産駒になるでしょうが、それでもこの配合から産まれた馬を大会で走らせられれば、馬主としては満足ですw

それでは次回は一応の検証回になる、はずです。

また次回!