2017年09月02日

カスタム対戦で成長したSPは反映されているのか?

今回の記事は、久々の検証系記事となります。

内容はカスタム対戦に関するもので、ゲーム内で成長した分のSP値がカスタム対戦でしっかり反映されているかを検証します。

ちゃんと反映されていれば、ゲーム内でサブパラも含めてパラメータが成長しやすい難易度Easyが、カスタム対戦で強い馬を望む場合に最適解となる根拠の一つになるでしょう。

そうだったとするならば、逆に難易度Ultimateは、対戦レースにおいてかなり不利な環境ということが言えます。



検証方法の詳細についてです。

まず、A馬、B馬、C馬の3頭を用意します。

これらの馬たちは、SP以外のパラメータをできる限り統一しました。

それらパラメータとは、馬齢・2歳(新馬戦直後に対戦パス取得)、性別・牡馬、成長型・早め、気性・大人、馬場適正・芝、サブパラ・オールS、脚質・自在、距離適性1400〜2600m、走法・普通、喉鳴りなどのマイナス特徴・無し、大舞台などの特性・無し、といったものです。

A馬は難易度EasyでSP70から4伸びた状態でパスを取得、つまりは成長込みSP74の馬。

B馬は難易度UltimateでSP70から全く伸びなかった状態でパスを取得、つまりは成長なしSP70の馬。

C馬は難易度UltimateでSP74から全く伸びなかった状態でパスを取得、つまりは成長なしSP74の馬。

A馬がB馬に勝率で上回り、A馬とC馬がほぼ同等の勝率という結果が得られれば、SPの成長分がカスタム対戦でも反映されていると考えられます。

実際にこれらの馬をカスタム対戦で走らせて検証しますが、その際にはSPDのダミー馬を3頭用意し、A馬対B馬、A馬対C馬のマッチレース(5頭立て)になるように設定。

ピーク設定あり、東京芝2000m、馬場状態は良、騎手は万能君、という条件でそれぞれ50レースを試行しました。



早速結果ですが、まずA馬対B馬の検証結果です。

2017.9.2 カスタム対戦A馬対B馬結果1.PNG
2017.9.2 カスタム対戦A馬対B馬結果2.PNG


0がB馬の勝利、1がA馬の勝利を表しています。

結果として、A馬の勝率が82%ということで、明らかにB馬を凌駕しています。

これだけでもカスタム対戦にSP成長分がしっかり反映されていることの根拠にはなりそうです。

しかし、もしかしたらSPが同値である場合に、素のSPが高い方が有利であるということもあるかもしれません。

そこで、今度はA馬対C馬の結果です。

2017.9.2 カスタム対戦A馬対C馬結果1.PNG
2017.9.2 カスタム対戦A馬対C馬結果2.PNG


A馬の勝率が58%ということで、互角以上、むしろ8%優位でした(誤差だと思いますが)。

この結果から、ゲーム内で成長したSP値は、カスタム対戦でもしっかり反映されている、と結論したいと思います。

つまり、カスタム対戦で戦える馬を生産するには、難易度Easyが最も効率的であるということです。

ちなみに、今回の検証ではA馬、B馬、C馬が全て1着、2着となっており、完全なマッチレースになっていましたので、SPDのダミー馬(サブパラは大体合計15前後)では全く歯が立たないですね。

一方、SPの差が4あったB馬であっても、マッチレースで約20%(実際は誤差込みで10%〜30%くらい?)くらいは勝てる見込みがあるので、SPの差が4あるとしても、例えば大会で1勝くらいできる可能性は十分あると捉えることもできますね。

実際は複数頭ですし、ここにサブパラの差も関わってくるので、簡単には行きませんけれども。

今回の記事は以上となります。
posted by ドステ at 00:56| Comment(2) | 諸々検証記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

ウイニングポスト8 2017 4周目 三冠馬の系譜配合日記2

ドラクエ11をトロコンし、ウマレースも称号獲得できたので一区切りとし、ウイポ4周目に本格的に取り組んでいきます。

…switch版?

switch持ってない!!w

チャンピオンジョッキーは興味がありますが、どうなんでしょうか。

まぁPS4でも出るだろうから、待ちですね。

さて、プレイ日記の方ですが、まずは初期設定から。

秘書は安定の朝比奈さん。

2017 4周目 秘書決定.PNG


まさに安定感の塊、秘書界のクリフジとは彼女のことでしょうw

ちなみに、変則三冠馬であるクリフジからのファミリーラインを祖に据えることも構想段階ではあり、1983年頃に繁殖入りするシュンイチオーカン(サムソンビッグの母)を使用することでそれを達することができます。

今回はセントライトの血を優先してリニアクインにしてありますが、クリフジの方が好みなら、シュンイチオーカンとシンザンの配合を行うなどのバリエーションも可能です。

続いて、今回の難易度などですが・・・。

2017 4周目 難易度など.PNG


こちらも安定の82年スタート、難易度Easy、モードBで設定。

今回のプレイでは、金お守りの消費が激しくなりますので、難易度Ultimateなどだと途中で頓挫する可能性があります。

難易度Normalでも十分可能だとは思いますが、〆配合からのSP86級誕生のしやすさも含めて、難易度はEasyとしました。

牧場開設地は、今回の三冠馬の系譜配合のコンセプトから、父系の祖となるシンボリルドルフ生誕の地、門別に。

2017 4周目 牧場開設地.PNG


牧場長は源さんに決定。

2017 4周目 牧場長.PNG


久々にオリャー!の人にしようかちょっと迷いましたけれども、種付けが低すぎてプレイに支障が出る恐れがあったので、自重しましたw

さて、この設定でゲームスタートです。

初期セリ購入馬は、今回のプレイでは必須のミスターシービー。

2017 4周目 ミスターシービー購入.PNG


ちなみに、最後の〆配合まで至る各段階の配合でも、ニックスまでしっかり組みこむと爆発力40を超えるように設計してあります。

そのため、下記画像のようにミスターシービーの父であるトウショウボーイも確立させることを目指します。

2017 4周目 サードステージ〆父配合.PNG


単純に最後の〆配合だけを目指すのであれば、トウショウボーイ系の確立は不要ですし、ミスターシービーの系統確立も不要です。

プレイに戻りまして、初期購入現役馬ですが、4周目はブロケード一択です。

前述のように、金お守りの枯渇が予想されるため、AMCで金お守りが稼ぎやすい強力なマイラーは極力所有していきます。

続きまして、愛称の設定ですが、今回はマジメに。

2017 4周目 呼び名.PNG


普通すぎて逆に新鮮ですw

冠名は、サードステージにちなんで後ろ側に「ステージ」としました。

2017 4周目 冠名.PNG


馬にも色々なステージがあるんだよなぁ。

そして、繁殖牝馬の購入にも初年度から気を付ける必要があります。

牝系の祖となるリニアクインが購入必須だからです。

2017 4周目 リニアクイン購入.PNG


もっとも、実際には85年のシンザン種付け時にいれば良いので、厳密には初年度から購入しなくても良いですが、85年に購入しようとすると、得てして忘れてしまったり、リニアクイン自体がいなくなっていたりするもの。

購入できる内に最速で購入、保持しておきます。

他の繁殖牝馬のラインナップは以下の通り。

2017 4周目 繁殖牝馬ラインナップ.PNG


リニアクイン以外はとりあえず適当ですが、金お守りが稼ぎやすいようになるべく優秀な繁殖牝馬が良いでしょう。

その他、1歳幼駒のシンボリルドルフもマストバイ。

2017 4周目 シンボリルドルフ購入.PNG


この馬から今後の三冠馬の系譜がスタートしていきます。

金お守りのために、カウンテスアップも半ば購入必須のようなものなので、忘れずに購入しておきます。

さらにはブロケードとミスターシービーで、来年の海外幼駒購入イベントのフラグ立ても当然の如くこなしておきます。

牧場の各種増築、お守り神社での奉納なども順次実施。

そういえば、前周回でいつの間にか馬運車をゲット出来ておりましたw

ようやく馬運車.PNG


当ブログのプレイの中では、ようやく初お目見えでありますw

噂の効果の程を期待したいと思います。

牧場施設は馬運車なども大事ですが、何よりも種牡馬施設の最大化を優先していきます。

お守り神社の効果の中では、牧場施設の建設期間短縮などは早めに行っておきたいところです。

ただし、お守り神社での金お守り消費については、不要不急のものは避けておきます。

先程から金お守り金お守りとかなり神経質になっておりますが、概算で100枚以上は優に使う予定のため、しっかり稼いで行かなければなりませんし、節約志向でプレイすることに越したことはありません。

いざ幼駒購入や産み分け時に足りないとなったら、目も当てられません。

今作では名馬100選ランキングで金お守りが入手しやすいとはいえ、万全を期しておきます。

初年度は以上のようなところがプレイの要所です。

スタートから様々な方面に気を使う必要があるため、ゲームの難易度自体はEasyですが、プレイ難易度はかなり高いです。

着実に1年ずつ進めていきたいと思います。

それではまた次回!

2017年09月28日

ウイニングポスト8 2017 4周目 三冠馬の系譜配合日記3

1983年のプレイ日記となります。

この年は、かなり重要な年です。

まず、海外幼駒購入イベントで、オーソーシャープとマムズコマンドを購入。

20174周目 1983オーソーシャープ購入.PNG
20174周目 1983マムズコマンド購入.PNG


ここで海外幼駒追加購入チケットが必須となります。

この2頭がいないと今後の血統構築ができませんので、前年から、あるいは前周回からの仕込みが必要になる局面です。

さらには、こちらも必須のメジロラモーヌ購入。

20174周目 1983メジロラモーヌ購入.PNG


この馬が〆配合における牝系の祖となりますので、大変重要です。

他、トウショウボーイ系確立のためのウインドストース、ノックアウトの購入、金お守り増加のためのニッポーテイオー購入など、やることが沢山あります。

また、運良く、シンザン×リニアクインの牝馬をゲット。

20174周目 1983シンザン×リニアクイン スペア候補.PNG


予定では1985年種付け時の仔に対してお守り神社産み分けを行うものでしたが、念のためのスペア馬を確保できたということになります。

ただ、能力的には期待できなさそうなので、本命の1986年産まれの産み分け対象馬の方が能力バランスが良さそうなら、予定通りそちらを血統構築に使います。

地味ながら既に〆配合の血統表を構築する準備が始まっています。

着実に、ミスの無いように購入対象馬をしっかりチェックしておかないと、数十年経った後にこれまでの努力が水泡に帰すという事態が考えられます。

牛歩戦術でじっくり確実に進めていきたいと思います。

それではまた次回!